esuitelabelのブログ

TM NETWORK YMOを中心としたブログです

TM NETWORKシリーズ24 シングル曲まで飛ばしていた闇のラビリンスを魅力UP

いつも読んで頂きましてありがとうございます。

 

今は夕食前にこのブログを書いているのですが、終わるとご飯というモチベーションがありますのではりきって書きます。

 

今回は闇のラビリンスについて。

 

このテーマーでブログはあまりないです。この曲ではたしてかけるのか?

 

シングル曲まで飛ばしてなかったか?たまはすみません。。。飛ばしていました。

 

キャロルのテーマ組曲でのメロディーラインが同じだったのが原因かも。

 

早速聞き直してみます。ついでにライブバージョンも聞いてみます。

 

本当に安定的ないい曲です。リズムの軽快感はありますが、ライブではキャロルが捕らえられます。TMはこの物語ではガボールスクリーンというバンドの音楽を演じています。

 

キャロルはガボールスクリーンのファン。

 

ガボールスクリーンの曲と位置付けをして聞くと何か新鮮に聞けます。

 

小室さんはガボールスクリーンの音楽を演じるべく、木根さんの小説とリンクしながら、音楽でストーリーを進めていくには欠かせない、闇のラビリンス。

 

明るい曲調はガボールスクリーンの曲が闇のラビリンスで、ここから音が奪われるという流れです。TMはガボールスクリーンではなく、このバンドの音を取り戻すティコ(木根さん)、マクスウエル(先生)、フラッシュ(ウツさん)役です。

 

このメンツで戦えるのか?(笑)人見知りなのに。。。戦います。この弱さ感がいいです。

 

多分木根さんが、敵に向かって、ちゃんと話し合って決めようよ。先生は話し合いは木根が最適だよ、任せたよ。曲作らないといけないから、暇ないんだよね。。。ウツさんは うんそうだね  みたいな感じかな。

 

今書いている部屋はe suite LabelのSOHOです。

執筆スペースの隣には制作スタジオがありますが、

今回は遊びでガボールスクリーンを想定して短いジングルを作ってみました。

 

soundcloud.com

本当にスケッチですが。(ほぼアドリブです、揺れてますね)

久々にDX系の音で作ってみました。

 

曲を制作したくなる 闇のラビリンスでした。